サンプルアイチャッチ

図書館より

このWEBページは東京学芸大学附属高等学校の学校図書館の紹介ページです。学校図書館からのお知らせや校内で使える図書館サービスなどを紹介します。図書館について不明な点などがあれば、図書館にいる司書の先生に尋ねてください。

INFORMATION

2015-10-13
2015-09-25
2015-09-23
2015-09-23
2015-07-17
2015-07-17
2014-11-17
2014-11-17
2014-10-15
2014-10-15
2014-09-27
2014-01-15
2013-12-11
2013-12-11
2013-12-08
2013-12-08
2013-11-23
2013-11-23
2013-10-22
2013-10-21
2013-10-21
2013-10-21
2013-09-24
2013-09-24
2013-09-24
2013-09-17
2013-09-14
2013-09-03
2013-07-18
2013-06-18
2013-06-11
2013-06-07
2013-05-29
2013-05-28
2013-05-23
2013-04-19
2013-04-10
2013-03-07
本校卒業式が3月1日に行われました。
2013-03-03
原田校長先生による特別授業について紹介しました。
2013-02-28
最近のSSH関連図書コーナーについて紹介しました。
2013-02-01
マラソン関連図書コーナーを設置しました。
2013-01-29
2013-01-28
2013-01-26
映画・TV関係図書の紹介を公開しました。
2013-01-22
2013-01-22
2013-01-11
2013-01-09
2013-01-08
2012-11-30
2012-10-23
2012-10-17
2012-10-16
2012-10-12
2012-10-09
2012-10-05
合意形成論の紹介について。
2012-10-03
SSH関連書籍の紹介について。
2012-09-12
2012-09-03
2012-07-05
2012-06-27
教育実習を紹介しました。
2012-06-21
2012-06-14
2012-06-04
地理実習コーナーその後を紹介しました。
2012-06-03
2012-05-28
2012-05-22
2012-05-16
地理実習関連書籍を紹介しました。
2012-05-08
金環日食関連書籍を紹介しました。
2012-05-03
金環日食関連書籍のコーナーを紹介しました。
2012-04-27
2012-04-25
図書館予定表を公開しました。
2012-04-24
家庭科と学校図書館との授業を公開しました。
2012-04-18
2012-03-27
日刊イトイ新聞に本校生徒が参加してます。詳しくはこちらをご覧下さい。
2012-03-27
学校図書館のページを更新しました
2012-03-11
長期休暇中の貸し出し。冊数無制限 返却日4月6日
2012-03-11

 

図書館使用授業日(先生方&自習予定の方へ)

以下の日程はすでに図書館使用が決まってます。
授業で使用なさる方は図書館まで連絡ください。
 4/25 4限
 4/26 3.4.6限
 4/27 3.4限
 5/1  2.4.5.6.7限
 5/7  6限
 5/8 5.6限
 5/10 4限
 5/11 4限

ほぼ日刊イトイ新聞に生徒が参加しました。

 附属高校読書会+ほぼ日刊イトイ新聞
『しがらみを科学する』山岸俊男著 筑摩プリマー新書(2011年)の著者である山岸先生、糸井重里さんから高校生と一緒に読書会をしようとの話がありました。著書と同じテーブルについて著作について対等な立場で話し合うという機会は案外有りません。こんなすばらしい機会を逃がす手はない!!そこで読書会のメンバーに早速声をかけてみました。会場はあの糸井さんの事務所。(表参道ど真ん中、それだけでも心ひかれますね)参加した生徒は、実際に働き、発信しているお二人を目の当たりにして、「自分の考えを伝える」事の楽しさ、すばらしさも感じてくれました。詳しくはサイトをご覧ください。
http://www.1101.com/shigarami/2012-03-14.html

図書館大掃除の様子 

図書委員の皆さんありがとうございました。おかげで美しくなりました。
利用者の皆様、今後も図書館美化にご協力よろしくお願いします。
                          図書委員一同


(一人一棚、丁寧に作業します)

 

図書館使用授業風景(2年生国語の授業です。)

「アーティストとの協同で作る話し言葉の国語授業」が図書館で行われました

   
文部科学省平成23年度「児童生徒のコニュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験」(「次世代を担う子どもの文化芸術体験授業」)に該当する2年生の授業を今回紹介します。 附属高校図書館で行われた第10回公開教育研究大会公開授業の事前学習部分を中心にお見せします。

言語使用論の授業を行いました。豊かなコミュニケーションをとるための会話を考える授業です。会話を意識化させる方法として会話台本を作るワークショップ形式をとりました。豪華に講師が5人も来て下さいました。(脚本家、演出家、俳優さん、卒業生50期)最後はグループで講堂において作品発表です。


(複数の講師のアドバイスを受けて台本作成中)


(ジャンケン、爆笑ありのワークショップ形式ならではの全員参加授業です)


(台本の発表です。3次台本まで作製し語用論を深めていきます)


(第二閲覧室を使用し立ち稽古中です)


(講堂にて最終発表です。最後に語用論と台本の関連について述べて終了しました)

最初は「え〜台本なんてつくれないよ!」と声を上げていた生徒が、実に楽しそうに全員参加で授業に取り組みました。ワークショップ形式、複数の大人が関わる豊かな授業でした。司書個人も「会話を学ぶ授業の展開?」と授業の成り立ちからどのようになるのかと思ってました。写真を見ると、生徒が授業を自分たちのものにだんだんしてきてるのがよくわかりますよね。国語科の浅田先生、講師の先生方、有意義な図書館使用授業をありがとうございました。

社会見学実習課題図書展示コーナー設置開始

公民科,地歴科合同の社会見学実習が実施されます。
A~Hコースのうち1コース選択。教官指定図書用意してます。
もちろん貸し出し可能です。


 (ブックリストと照らし合わせて借りていく生徒が目立ちます)

 

 

1年生保健調べ学習展示コーナー

保健調べ学習図書館推薦図書

  

好きになる救急医学 小林国男著 講談社 492.29コ 2006年
この分野は人気があるのでシリーズ全部入れました。
心肺蘇生法から家庭での応急手当まで。医療は病院前から始まってます。

好きになる睡眠医学 内田直著 講談社 498.36ウ 2006年
以前は「いかに眠らず活動するか」の本が人気でした。今の時代、眠ることが難しくなって来ている事が生徒の読む本から切実にわかります。

体と病気 ニュートン 別冊 2007年5月10日
継続購入の雑誌です。中廊下雑誌書架にあります。バックナンバーはふたを開けて下さい。新着雑誌の奥にあります。バックナンバーは貸し出しもしています。カウンターまでどうぞ。

脳科学の教科書 理化学研究所編 岩波ジュニア新書 491.37ノ 2011年
新書コーナーで(入って入り口右側、文庫裏)請求記号(491.37ノ)を追いかけてください。491.37ノの場所にあります。OBの茂木健一郎さんも本校に講演に来て下さいましたが、「脳」は今話題ですね。でも以外に総合的に理解していないと思います。先端科学の「脳」をどうぞ。

 心と脳 安西佑一郎著 岩波新書 007.1ア 2011年
岩波新書も図書館で継続購入しています。新書ですので、新書コーナーで請求記号(007.1ア)を追いかけて下さい。認知科学としての脳です。

栄養と料理 長寿の食習慣 女子栄養大学 2011 9月
これも、継続購入雑誌です。中廊下、雑誌の棚にあります。新着雑誌は表に、バックナンバーはその裏の箱にあります。ふたを開けてさがして下さい。
バックナンバーは貸し出しもしています。

できる社員の健康管理術 亀田高志著 東洋経済新報社 498.8カ2011年
なぜ高校図書館にビジネス本が??職業病、社会人の健康管理を調べる生徒も多いのです。父母の皆さんあなどれません。その生活習慣子どもさんが見てますよ。

におい 楢崎正也著 491.37ナ オーム社 2011年
体臭、悪臭、公害からアロマテラピーまで、においの実態に迫ります。

薬の効き方,効かせ方 寺田弘著 491.5テ オーム社 2011年
「薬は病気を直しません。直すのはあくまで私たちの体です。薬は異物です。薬が身体機能を抑制しすぎたり、活性化しすぎたりしたりする事は許されません。」薬が安易に手に入る日本人へ薬の理想の作用を示唆する薬の本。
薬学を志す生徒も必読です。

肥満とメタボリックシンドローム.生活習慣病 井上修二監 493.12ヒ
大修館 2011年
言葉が一人歩きしてしまった『メタボ』ですが、肥満と肥満症の違い等、根本的な事から解消法まで記載されています。

こころの病気のサイエンス 加藤忠史著 493.7カ 日本評論社 2011年
科学リテラシーとして脳、こころ、脳科学の未来に言及しています。