【SGHアソシエイト】2015年度 中国ティーンエイジ・アンバサダー

 1989年にお客様から頂いた利益を社会のために役立てたいという趣旨で設立された 「イオン1%クラブ」が、国際的な文化・人材交流・人材育成の一環として行っている ティーンエイジ・アンバサダー事業の一つです。相互交流を通じ、相手国の文化や 歴史に触れる一方、体験授業やホームスティを通じ、相互理解の促進を支援しています。

今年度は、7月に中国の北京市、武漢市、蘇州市の3市より60名の高校生が来日し、 日本側は本校のほか、筑波大学附属高等学校、千葉市立千葉高校が参加しています。 なお、日本のティーンエイジ・アンバサダーは、10月に中国へ派遣される予定です。 ここでは、本校の生徒が関わった大使活動・交流活動について紹介します。

〔7月9日(木)〕

本校を8時10分にバスで出発し、10時に東京タワーで、ペアとなる武漢市の高校生と対面をしました。 首相官邸を表敬訪問し、昼食でちゃんこ鍋を食べた後で、外務省を表敬訪問しました。その後、 中国大使館での歓迎会に出席し、日本舞踊とひょっとこ踊りを披露しました。こうして貴重な大使活動を終えました。

【写真1】東京タワーでの対面


【写真2】中国大使館 日本舞踊


【写真3】中国大使館 ひょっとこ踊り


〔7月10日(金)〕

本校に武漢外国語学校の高校生15名がやってきました。会議室で歓迎会を行った後、剣道部、卓球部、 弓道部の部活動体験をしてもらいました。昼食後、授業体験をしてもらいました。1時間目は家庭科で 和菓子を作成し、2時間目は英語でゲームなどをしてもらいました。その後、会議室で、家庭科で 作成した和菓子を食べながら、グループディスカッションをしました。集合写真を撮った後、 それぞれホームスティ先へと向かいました。

【写真4】部活動体験(卓球部)


【写真5】部活動体験(弓道部)


【写真6】部活動体験(剣道部)


【写真7】授業体験(家庭科)


【写真8】授業体験(英語)


【写真9】集合写真


〔7月11日(土)〕

1日、ホームスティ先での交流活動でした。

〔7月12日(日)〕

それぞれのホームスティ先から、東陽町にあるホテルイースト21 東京へ集まり、盛大にフェアウェルパーティが行われました。フェアウェルパーティでは、ダンスを披露しました。

【写真10】フェアウェルパーティ


【写真11】フェアウェルパーティ ダンス