プリンセス・チュラボーン・サイエンス・カレッジと交流事業

2015年4月22日(水)2日目

2日目は地学の特別授業からスタートしました。日本とタイの気候の比較に始まり、 天気図を用いた作業を行いました。さらにチェンライで起こった地震を話題に 自然災害と防災についての講義が続きました。午後は2年生のバディのクラスに PCCCR生徒が入り込み、本校の通常授業に参加してもらいました。英語や数学など 分かりやすい授業もあれば、古典や保健など日本語での講義もあり、 本校の普段の雰囲気を体験してもらうと共に、クラスの生徒との触れ合いの機会になりました。 放課後には剣道部と弓道部の体験を行いました。

(写真1 地学授業の様子)

(写真2 授業参加)

(写真3 剣道部体験)

(写真4 弓道部体験)

【参考】交流協定締結について
    
タイ王国との交流(2014年1月実施)